ある日のビガッド-2ページ | 福岡のオーダースーツと靴の専門店/Biggod-ビガッド-

ある日のビガッド

HOME>ある日のビガッド >

436 愛する故郷いとしま

2019.08.30

店長大神は中学から、福岡市内の学校に通った。その当時、糸島は田舎だとみんなにバカにされても、仕方ないと思っていた。しかしそれが変わったのが、修行で東京に3年間行ってからである。

ある夏の日、同僚に誘われて海水浴に行った。サザンの歌に出てくるあこがれの江ノ島、湘南海岸である。道が混んで途轍もない時間を掛け、泊りがけで行くのである。ワクワクしながら、いざ海に入ってみると膝まで浸かるともう足の指が見えなくなる。思わず 「何じゃこりゃ~!」 と叫んでしまった。道端には洒落たサーファーショップやレストランがずらりと並んでいるが、急にしけて見えてくる。
同僚に「俺の田舎じゃ、20分も車を走らせると海があって、胸まで浸かっても足の指は見えるわ!」 と言ってやったものである。糸島を遠く離れて初めて、糸島が持っている素晴らしい価値に気付いたのである。ただビキニのピチピチのお姉さまの数は敵いませんが・・(笑)   

東京での修行を終え福岡に帰ってからは、福岡市内の仲間が田舎とバカにしても 「アホか糸島は海も山もあって、しかも天神まで30分ぜ。空気はうまいし、コンクリートジャングルが自慢か?」 と自信をもって言い返したものだ。今の糸島流行のはるか昔30年以上前の話である。今はさらに、店長大神の先輩である月形市長が「豊かさ実感の糸島」に向けて邁進中である。

・・・で前振りが長くなってしまったが(笑) ある時、商工会後輩の渕上君とお酒を飲んでいる時に糸島の山登りで盛り上がった。彼は毎月あちこち登山に行っているそうである。糸島で手軽に登れて、景色のいい山を尋ねると・・彼のイチオシは可也山。インターネットで調べて、北海道からわざわざ可也山に登りに来た老夫婦にも会ったそうだ。地元の者が知らないだけで、かなり他所から登りに集まっているらしい。ほんとかな?? 店長大神は彼に一緒に登る事をお願いした。

7月のとある日曜日、朝6時前に志摩の師吉公民館前に待ち合わせした。店長大神がビガッドの開店時間11時に間に合うように早朝登山である。当日、店長大神はいつもの散歩の時間5時20分に家を出て車で師吉公民館に向かった。途中、時間があったので、コンビニでおにぎり、バナナで腹ごしらえ。渕上君も6時前に来たので登山口を6時に出発。

登り始めると、さすが毎月登山しているだけあって、彼はさっさと先を行く。ただもう付いていくのが精一杯だった。しばらく登って休憩したが、「調子の出る前の最初の15分くらいが一番きついんですよ」 と教えてくれた。なるほど、全くその通りだった。後はハアハアいいながらも6時50分には頂上に着いた。

ただ残念なことは・・・霧で真っ白、全く下界の景色が見えなかった。彼曰く 「今まで何回も登っているけど、こんなに見えないのは初めてです。だから大神さんはまったく天気に恵まれない雨男みたいなもんですよ!」 と笑ってけなされた。そらすんません! 普段は加布里、船越、芥屋、野北、二見ヶ浦・・と続く美しい海岸線がパロラマで一望だと。まあ次の楽しみにしときます。

頂上に20分くらいいて、帰りは何のストレスもなくスタスタ降りた。結局、自宅には8時半には着いて、ゆっくり店に出る事が出来た。「渕上君、店長大神のせいで!?景色は全く見れなかったけど、楽しい登山ありがとうございました!」 やっぱり糸島は最高で~す♪ ぜひ皆さんも登ってみてください! 朝は空気が澄んで、涼しいのでおススメです。

435 創業90周年

2019.08.30

“ビガッド”の前身である「いとや洋服店」は、店長大神の祖父が高祖で昭和4年(1929年)に創業し、昭和34年頃に父が前原の現在地に移転しました。

1985年、店長大神が東京での修行から帰ってきた時、先代の父にうちの創業は何年?と尋ねても「俺が物心着いた時は、もううちは洋服屋やったもんな~」と言うので、仕方なく父の生まれた昭和8年を創業の年にしていました(笑) 

14年前に父が亡くなって、父の作業場を整理していたところ、埃を被った木の箱を見つけました。ダスキンで拭いてみると、うっすらと何か墨字が見えました。それを何度も拭いてみると 「秘蔵形箱 昭和四年八月吉日」 という文字が浮かび上がってきました。父が大事に使っていた型紙入れでしたが、祖父から受け継いだものでした。

・・という事で今年2019年は 「いとや~ロードメイヤー~ビガッド」 が創業90周年を迎えます。今後とも皆様から愛されるビガッドを目指して頑張りますので、宜しくお願いします!

434 バーベキュー

2019.05.21

ビガッドでは、ゴールデンウィークは5月3~6日の4日間お休みを頂いた。今年は店長大神の提案で、糸島の海岸でのバーベキューを計画した。
20年くらい前、3人娘が小学生頃に志摩の“福ノ浦”の磯によく行った。二見ヶ浦とか芥屋と違って知る人ぞ知る穴場である。

でも今は糸島流行の時代である。美紀から「お父さん下見しとって~」 と指示が来た。早速一週間前の日曜の朝9時前、下見に行ったのである。海岸ベタの秘密のスポットはこの辺りだったかと車で近づくと、いつも駐車していた所にはロープが張られ、海辺には天気もよくないのに、魚釣り、磯遊びの人・人・人。天気が回復する来週はどんな状態になるか恐ろしくなった!・・という事で、自宅でのんびりバーベキューということに落着いた・・(涙) 
「糸島は素晴らしい~♪」と他所の人に言って貰えるのは嬉しい反面、なんか居場所を取られたような寂しさ・・・。



自宅でのバーベキューでは、店長大神の役割はバーベキューの設置と“火おこし”あとは全部美紀のムコ殿に押し付けるのである(笑) 
ムコ殿が子ども達の為に肉、野菜、ウインナーとドンドン焼いてくれる。昨夏のキャンプの時にも焼いた冷凍ピザは期待を裏切らず大好評であった。そして今回サツマイモを湿らせた新聞紙、銀紙に包んで木炭の中に忍ばせていたが、取り出すのが遅れてしまって、全部真っ黒な炭になってしまった。これが唯一の失敗。今回も楽しく美味しく頂く事が出来ました。

いつもの事であるが、宴が終る頃には、店長大神はひとり深い眠りにつくのである・・・しあわせ!(笑)

PS.今回の最大の失敗・・バーベキューを始める前と終った後の写真で最中の写真がない(笑)

433 株式会社チャイルドのベルト

2019.05.21

ダンヒルとか高級ベルトを長年愛用して、革ベルトの部分がくたびれてしまって、バックルだけ残っている・・・という人はいないだろうか? こんな方に朗報!

イタリア・ミラノの地にGIORGIO STAMERRAという革ベルト工房がある。熟練したイタリアの職人だけで、ダンヒルを始めとする一流ブランドの革ベルトの下請けを担っている工房である。“チャイルド”という会社はこのイタリアのベルト工房で生産される革ベルトを直輸入し、東京を始め北陸、中国、九州地方の店舗に替えベルトとして卸しているのである。

店長大神はその商品の品質の良さを確かめて、昨年秋に試しに6本だけ仕入をした。ビガッドの店舗の片隅にひっそり並べていたが、今年になって、急に電話で問合せが入るようになり、瞬く間に売れていった! しかし何で急に問合せが入るようになったのかな~と思っていたら、チャイルドさんのホームページにビガッドが取り扱い店舗として掲載されたからであった。恐るべしインターネット! 

432 黒豆

2019.05.21

今年の一月半ば頃、忘年会から新年会と暴飲暴食が祟ったのか、店長大神の血圧(上)が150以上というのが数日続いたのである。
その時、いろんな事でアドバイスをくれるN先輩に教えてもらった“黒豆”の話を思い出した。高血圧には、黒豆を蒸して、毎日料理にそれを一掴み入れて、食べるといいとのことだった。調理した豆は日持ちしないので、小分けして冷凍しておくといいという事も教えてくれた。彼はこれで降圧剤をやめる事が出来たらしい。

早速大神母に事情を話し、黒豆を蒸す事を頼んだ。しか~し彼女は煮豆の方が絶対美味しいと、黒豆の煮豆を作ってくれた。そんな問題ではないのであるが・・(笑) 煮豆にすると、せっかくの栄養分が流れ出てしまうだろうと思い、ビニール袋に煮汁ごと入れて板チョコみたいに凍らせて、少しずつ折りながら食べてみた。まるで氷アイス・・・旨かった(笑) 

それから2ヶ月ほど、砂糖の量を控えめにしてもらった“黒豆の氷アイス”を毎日ひとかけらずつ食べた。もちろん同時に減塩にも気を付けるようにしたが、なんと上が135を切る事がなかった血圧が4月になってから、ほぼ120台を維持しているのである。

この“黒豆の氷アイス”が効いているのかな~♪

431 還暦祝い

2019.05.21

店長大神は今年の12月に満60才になる。それに先立ち所属する糸島ライオンズクラブで同級生5人一緒に還暦のお祝いをして貰った。赤いチャンチャンコを羽織り、花束を抱えてみんなで 「ハイ、ポーズ!」 ありがとさんです。

ところで2019年の干支はご存知の通り、十二支の亥(い)であるが、“十二支”と“十干”を組み合わせるので、これが60年に一度やってくる。 呼び名は「己亥(つちのと・い)」なんだと。昔は「よくぞ60才まで長生きしました」・・というところだと思うが、近頃は80,90才くらいにならんとそんな実感はなぁ~い! 
まだ人生の通過地点。ただただ健康に還暦を迎えることが出来た事に感謝! 

昔は生まれたばかりの子供に、魔除けの力があると伝えられる赤い産着を 着せていたそうで、それが赤ちゃんに還る(60年で生まれた干支に還るため)と言われる還暦のお祝いに『赤いチャンチャンコ』や 『赤いずきん』などを贈る風習になったんだと。

同級生は令和元年に60になる。みんなが今年一年健やかに過ごせます様に!

430 ピカピカの一年生

2019.05.21

長女美紀の長男であるトモくんが早いもので、今年の4月から小学校入学である。まあどこの家庭でも第一子の時は期待と不安で大騒ぎだと思う。朝起きが得意じゃないトモくんは、毎朝母親から叩き起こされて、なんとか登校しているらしい。
入学して一週間足らずの時、ひらがなを習っているあたりで 「いいよなあ~アッくんとハルくんは遊んでばっかりで、俺は勉強しないといけないんだぜ」 ・・と弟達にボヤいていたらしい(笑) 

食いしん坊の次男アッくんは兄の小学校の給食のことが気になって、明日のメニューは何か、そして今日は美味しかったか、毎日感想を聞いているらしい(笑) 家族ラインに2週間分の献立表を載せてきていたが、レタスとコーンのリゾットとか豚肉のオイスターソース炒めとか、洒落た名前の料理が並ぶ・・・確かに美味そう~♪

店長大神の小学校時代の給食の思い出といったら、何と言ってもスキムミルク。あまりの不味さに、息を止めて一気に飲んでいた(笑) おかずはカレーとかチャンポンとかもあったと思うが、大好きな“鯨の大和煮”(たぶんこの当時の前原小学校の人気No1)の時は大はしゃぎしていた。理絵からどんな味かと聞かれたが・・覚えていない(笑) 主食は食パン3枚。通常はマーガリンをつけて食べるが、時々イチゴとかリンゴのジャムだった。

でもよく考えたら、店長大神の小学校入学といったら53年前、もう半世紀前だ。あまりの年月にビックリ!(笑)

家族ラインで 「美紀達の時代にはもう美味しい給食だったんじゃない? 今とどう?」 と尋ねたら、「私達の時代はお父さんの時代に比べると雲泥の差で美味しい給食になっていると思うけど、今はなるべく地元九州産、福岡産のものを使うといった地産地消で材料の質にも気を配っているのよ~♪」・・・という事らしい。

店長大神が小さい頃、先代の父から戦争中は○○△△だったから、今は腹一杯食べられて、お前達は幸せぜ・・と言われていた。「ピカピカの一年生」からだいぶ外れてしまった(笑) 確かに世の中は豊かになった。でもこんな時“相田みつを”のこの詩を思い出す。

429 朝の散歩

2019.05.13

今まで何回も書いたが、店長大神は毎朝、雨の日も風の日も散歩をする。今は朝4:40に起床して、仏壇に手を合わせ、神棚の水を替えてお参りして、5:20頃に散歩に出発をする。行き先は荻ノ浦の隆善寺。店長大神が月参りをさせて頂いている真言宗のお寺さんだ。

お地蔵様にお参りして、往復1時間ちょっと。冬は夜明けが遅く、帰ってくるまで暗いが、春の今頃は出発する頃には明るくなっている。日の出も前原から見て、真冬は日向峠より右から昇っていたのが、ドンドン高祖山を下り、今では高祖山の左スソから昇っている。毎日の気温の変化は忙しいが、徐々に季節が変わっていくのを肌で感じる。朝の散歩は本当に気持ちがいい!