ある日のビガッド | 福岡のオーダースーツと靴の専門店/Biggod-ビガッド-

ある日のビガッド

HOME>ある日のビガッド >

451 還暦旅行 第2弾

2020.03.02

10年ほど前から、フルムーン旅行で欧州に行こうと積立てをしていたが、そのままになっていた。大神ママの3回忌も終わり、還暦の年を迎えたので思い切って一人でツアーに申し込んで欧州旅行に行くことにした。

元看護師である長女美紀の「お父さんの慢性腎炎がひどくなると海外旅行に行けなくなるよ~♪」の言葉に背中を押されて・・ウソです。無理矢理同意を求めました(笑) 2月の欧州は寒くシーズン外なので価格もリーズナブル。まだ行った事のないドイツやチェコの中欧に決めた。

2月2日、福岡空港から名古屋の中部国際空港へ、そしてドイツルフトハンザ航空に乗換えて、午前11時にフランクフルトへ飛び立った。エコノミー席であるが、隣は有難いことに空席で楽チンである。飛行機の中ではビデオ映画を3本「ミッションインポッシブル」などのアクションものを観て過ごした。機内食はハンバーグやフランスパンのサンドイッチなどなかなか美味い。飲物はドイツビール! 

予定通り12時間後にフランクフルトに到着。現地時間15時、時計は4時間しか進んでいない。これが時差だー!旅行中も欠かさず朝の散歩をした。朝の6時くらいは日本と同じように暗い。でも朝早くは通勤に急ぐ人もいて、身の危険を感じることはない。観光で歩く時と違う街の舞台裏を見る気分である。

さて今回のツアーは17名。卒業旅行の3人の娘さんを除くと、殆ど店長大神より年配のオジサン、オバサンツアーである(笑) 英、仏、伊などの西欧でなく中欧なので、ある程度旅慣れた人が多いだろうと思っていたら、全くその通りだった。家族メールで美紀から「若いお姉さんいなかったの?それは残念~」と、からかわれる始末!(笑)



今回のツアーはドイツ→チェコ→オーストリア→ハンガリーと移動していった。欧州の歴史は戦争の歴史。繁栄と没落の繰り返しである。
チェコのプラハは中世に欧州の中心だったとのこと。プラハから車で3時間、世界遺産チェスキー・クルムロフ地区はその栄華を極めたところから没落し、そのまま世の中から取り残されていた。それが幸いして街が中世の佇まいを今でも残し、街そのものが世界遺産として登録された。
今では観光客で賑わう名所となっている。

ツアーには添乗員さんが付いているが、各都市で現地ガイドさんがそれぞれ付いて詳しく興味深い話をしてくれる。そして最後お土産屋さんに案内をされる。ここで買えとも言われることはない。しかしスリが多いと連呼される。スリが多いのは本当だろうけど、後で気付いたが案内された店以外に行く気が失せていた(笑) 

チェスキー・クルムロフ村ではボヘミアガラスのネックレスを大神母と娘達に、そして焼酎グラスに使えそうなボヘミアグラスをムコ殿に・・。帰ってから、理絵からセンスがいいと褒められた。やれば出来るじゃないかと・・コラ!

ホント言うと店長大神にネックレスなんて分かるはずがない。ツアーの中に店長大神より5,6才くらい年上の旅慣れた素敵な夫婦がいらっしゃった。ネックレスコーナーで二人が自分の二人の娘さんと奥さん自身のを仲良く話し合いながら選んで買われた。店長大神はその話を参考にして選んだのだ。

ところがである。その後、別のお土産屋さんで二人がチョコレートで揉めている。ご主人はチョコなんて1箱買って、みんなに1個ずつ配ればいいと、奥様は各家庭1箱ずつよ~と譲らない。最後は奥様が「私がお金払うからいいの」・・と押し切ってしまわれました。ダンディーなご主人が苦虫潰したような顔をしている。

あ~どこの夫婦も同じだなあと可笑しく、そしてなぜか安心!?してしまった(笑) 店長大神の4人の孫には毛糸の帽子。台湾と同じ失敗はしないのだ~♪(笑) 

9日、名古屋の空港に着くと、思わず和食の店に駆け込み、うどんと稲荷寿司を食べた。やっぱ、うま~日本最高!  

450 鬼すべ

2020.03.02

毎年、1月7日は老松神社の“鬼すべ”の日である。その昔、疫病が流行したとき、疫鬼を追い払うため、始まったと伝えられる神事である。

前原の9つの行政区が当番を持ち回りなので、9年毎に回ってくる。今年の当番町は店長大神の”上町中央“だ。当番町の厄年の男が大鬼になる。朱塗りのお面をかぶった大鬼を脇鬼が両脇から抱え、その後をらくだの肌着と股引姿に鬼の角として縄を頭に巻いた大人、子ども40人の集団が続く。

神社を出て、加布羅にお潮井取りに行った後、町内を駆け巡る。途中9ヶ所の接待所で接待を受けるが、まず大鬼が大杯のお酒を振舞われる。それを合図にみんなも酒をかっ食らう。大鬼が飲み残した酒は脇鬼が飲み干す。お酒が強くないと務まらない重要な役目なのだ。

これがそれぞれの接待所で延々と続くので、「鬼じゃ、鬼じゃ」のかけ声勇ましく、昼過ぎに神社を出発した鬼集団は次第に酔っ払い集団と化していく(笑) いやいや、町中の罪や穢れなどを背負いながら走るので、ヨロヨロ、フラフラしてくるのだ。町中を駆け巡り、夕方頃には鬼集団は神社に戻ってくると、“鬼すべ”のクライマックスを迎える。

大鬼は神社本殿に上がろうとする。それを当番町の長老が豆をぶつけて、本殿横の鬼すべ堂に追い込む。鬼すべ堂に大鬼が入ると、小鬼たちが、松の枝を燃やした煙で大鬼をいぶり出し、罪や穢れを追い払う。今年の大鬼はJC後輩の千住君。あんなに飲んでいたのに、りっぱに役目を全うした。

ところで、前々回の18年前は当時42才だった店長大神が大鬼をさせてもらった。酒の強くない店長大神も脇鬼に支えられながら町中を廻り、何とか潰れる事なく、昔の中村家具の接待所までたどり着いた。
そこで脇鬼が店長大神に囁いた。「もう神社まで後少しやし、あんまり鬼が酔ってないのも様にならんちゃな~い?」 の一言に安堵し、コップ酒を立て続けに2杯飲んで走りだした・・・。

老松神社を目指し、30mほど走ったビガッドの裏辺りで記憶が途切れる。瞬きした次の瞬間 「ここはどこ?私は誰?」状態(笑) 店長大神が目を覚ますとなんと自宅の布団の中だった。店長大神は神社でのクライマックスの記憶は全くないが、ヘロヘロになりながらも一応役目は全うしたらしい。遠い昔の懐かしい思い出である。



鬼集団と一緒に 長谷川法世さん 

449 還暦祝い

2020.01.05

店長大神の誕生日12/1に家族で還暦のお祝いをしてもらいましたー! 花束をもらったり、“あいうえお作文”の寄せ書きをもらったり、そして還暦祝いのプレゼントは後日サプライズで頂けるんだと・・。 

7年前に孫のトモくんが12/4に生まれてから、店長大神は彼の誕生会のついでにプレゼントだけは貰っていた・・・もちろん店長大神は何とも思っていない。大人だから、決して何とも思っていない・・(笑) 

ところが、今回は還暦なのでオンリー店長大神! しかも孫の美和ちゃんが生まれて間もないので、自宅ではなく美紀の家の近くのお料理屋さんで・・。次のオンリー店長大神はたぶん70才の古希まで我慢せにゃいかんやろや~♪(笑)  

448 中国スーツ出張販売

2019.12.07

大連への出張販売は今年で7回目。今回は新しいお客様の開拓で、北朝鮮との国境の街、丹東市にも行ってきた。仕事のお世話をして頂いている“劉さん”の友人の事務所で6、7人の方が集まり、スーツやジャケットの注文を頂いた。

無事仕事が終ると、みんなでそのまま韓国式焼肉レストランに行った。やはりこの辺りは朝鮮族が多いらしい。味は殆ど日本で食べるのと変わらず美味しかった。
席に着くとすぐに、前に座ったおっちゃんから店長大神はビールを何本くらい飲めるか聞かれた。あらら・・である(笑) 2本くらい・・と答えると、ニッコリ笑って頷いていた。

そして宴会はビールでの乾杯で始まった。しばらくして、そのおっちゃんが“劉さん”と何か話しているが、その中で「トモダチ」という単語を何度か繰り返しているのが聞き取れた。
中国の乾杯は最初だけでなく、3分おきくらいで「乾杯~!」とやっていく。もちろんグラスを全部空けるのだ。そして手酌で注いで、次の乾杯に備える(笑) 

しばらくして突然“おっちゃん”が立ち上がって、店長大神に向かってニコニコして「ト・モ・ダ・チ かんぱーい!」とやってくれた。先程のトモダチってこれか~それが可笑しくて「ワハハハハかんぱーい!」と爆笑しながら乾杯に応じた。
それを見て「ワッハハハ乾杯げな~」みたいなこと言いながら(たぶん)、丹東の人達がみんな笑っている。それからというもの2分おきくらいにペースをあげて、笑顔で「トモダチ乾杯」がやってくる。

小さめのグラスであるが10杯くらい飲んだだろうか・・店長大神があまり酒に強くないのを知っている“劉さん”は「無理に飲まなくていいよ」と心配して言ってくれたけど、店長大神は楽しくて仕方がなかった。

途中トイレに行ってバケツ半分くらいの量のビールをもどして何食わぬ顔をして席に戻る。大学剣道部で先輩に無理矢理飲まされて、必死に凌いでいたが・・こんな所で役に立とうとは・・(笑) 

中国でも日本でも田舎に行くと人が擦れてなくて、酒が入ると、とっても人懐っこい。そして酒をたらふく飲ませて喜ぶ。そんな時、酒が強くても弱くても、相手に心意気を見せなくてはいけない!(笑) 周りをみると最後まで“トモダチ乾杯”に付き合ったのは4人くらい。半分くらいはリタイアしていた。でも楽しかったー! 

フラフラで帰ったホテルの部屋の窓から大きな川が見える。その対岸が北朝鮮。中国側は明々と灯りが点いているが、向こう岸は限られた場所だけで殆ど真っ暗である。少々気味が悪い。中国でも早朝真っ暗の中でも、必ず散歩をしていたが、さすがに翌朝は・・パス!(笑)

(写真2)トモダチ乾杯おじさん (写真3)向こう岸は北朝鮮   

447 一病息災

2019.12.07

店長大神は今年のお盆の後、2ヶ月あまり塩分制限とダイエットに取り組んだ。その結果、血圧が130、140台だったのが、120台に下がり。体重は72キロから65キロ台に落とすことに成功した。 

・・・といってもそんなに威張れることではない。実は腎臓の数値が悪くて、5年前にも食事制限をして、体重を落としていたのが、口卑しい店長大神はいつの間にかリバウンドしていたのである。

今回取り組んだのはシンプルに「腹八部目と塩分制限」 具体的にはおかずは少しだけ減らし、ご飯は半膳。パン、ケーキ、麺類、ビスケットなどの小麦粉系の食べ物は原則食べないという“グルテンフリー”なるものもやっている(笑) 休肝日を週3日・・・。

これだけであるが愚直に実行すると減るものである。本当は腎臓の為にはタンパク質制限なるものをやらないといけないのだが、店長大神には難し過ぎるので、せめてもの思いでシンプルにダイエットに取り組んだ。

でもおかげで血液検査の結果、腎臓の数値の悪化が止まり、他の検査の数値もすこぶる正常値である。それと毎朝の1時間の散歩も大きな力になっていると思う。
ちなみに腎臓の病名は慢性腎炎。自覚症状が末期にならないと出ないので怖いのである。そして一度悪くなると、治療方法がなく、それ以上悪くならないように食事療法に取り組み続けるのである。

でもまあ、この病気のお陰で、真剣に口養生に取り組み、かえって健康体を保っている?・・・そう自分に言い聞かせながら、取り組んでいるのである(笑)

446 メンズファッション

2019.12.07

ここ何年か、ファッション雑誌をめくると、ダブルスーツがバンバン紹介されている。そろそろダブルの時代が来ないかなと、店長大神もダブル6釦2掛けスーツを作り、店内に飾って積極的におススメするが、まだ実際ビジネスでの着用には難しく、バブルの時のようにはいかない(笑) 

11月のある日、来店頂いたお客様は「今まで10万円以上の既製スーツを着ているが、どうもしっくりこないので、オーダーはどんなものだろうか?と思いやってきた」・・とのことだった。参考に持ってきて頂いた既製スーツはお客様の言葉通り有名ブランドで、生地といい、縫製といい高品質のものだった。

着用頂くと、なるほどお客様は極度の前肩で後衿の下に大きな棚じわが出ている。難しい体型である。そのしわを取る補正を入れ、上半身の割りにスマートな下半身なので上下のバランスを取らせて頂いた。このお客様はダブル6釦2掛けを選び、パンツは2タック入りのタイトパンツ。店長大神は楽しくて仕方がない(笑) 
しかしパンツ丈はくるぶしの上という短さを指定された。近頃はお客様にもっと短くしましょうと提案している店長大神も「へ~!」と声を出してしまった。
採寸が終ってしばらく話しをしていると、この方は福岡地区のデパートにショップを構える海外ブランドの店長さんと打ち明けてくれた。糸島在住で、オーダー店の視察をしたくて、ビガッドに来店頂いたとのこと。客層も違い張り合う相手ではないし、人柄もいい方だったので、仕事の情報交換をすることにした。

店長大神は彼から主に採寸について尋ねられ、店長大神は彼に海外ブランドのファッション動向を確認した。とっても楽しい時間だった。あのパンツの長さについて尋ねると、「まあお客様に納得してもらっても、納品後に回りから短いと指摘されて、やり直しすることもあります」・・・と(笑) そうなんだよね~♪

445 美和ちゃん

2019.12.07

半年ほど前、長女の美紀母子が前原に遊びに来た時に、突然 「お父さん、4番目が出来て10月頃生まれると~♪」 えー? 店長大神は一人動転してしまって二呼吸ほど言葉が出ない。
すると美紀は「お父さんひどーい。あちらのお母さんはすぐに“おめでとう”って言ってくれたよ~!」 それでも、ごめん、ごめん、おめでとう!と言うのが精一杯(笑) 
ムコ殿は仕事で朝早く出て夜遅いし、幼い息子が3人いる核家族である。まあバタついての育児もよかろ~♪

秋になって、中国から連絡が入り、10月末から5日間ほど出稼ぎに行く事になってしまった。あわてて、みんなに「どうしよう?」と言うと、「お父さんは全く当てにしてないから大丈夫。お父さんの食事の心配をしなくていいので、むしろそっちの方がいい!」 あら~そうなのね・・・(笑) 

ところで、3人息子がいるが、美紀は4番目の子は男か女が、生まれてくるまでの楽しみにしていた。女の子なら名前は“美和ちゃん”。男の子の名前の候補は忘れた。
もちろん店長大神も元気な赤ちゃんなら、どちらであろうといいのであるが、美紀に会うたびに「美和ちゃんに早く会いたいなあ~♪」と彼女のお腹に向かって呼びかけていた。

中国に出発する直前・・・出てきました! どて~んと大きな3,972gの美和ちゃんが・・(笑)

444 台湾のお土産⑤

2019.09.09

だいたい店長大神はお土産を積極的に買わない。家族がどうしてもと言う時に帳面消しの饅頭を買うくらいである。選ぶのに時間が掛かり、苦労した割りに喜ばれないから、その分旅行を楽しもうと思うのである。

先に言い訳から入ったが・・大神母は近所からよくお土産を頂く。旅行に出発する朝、店長大神に餞別の入った封筒を渡しながら、怖い顔をして 「お土産を配るので、これで買ってきなさい」 とかなりの現金を渡された。さすが母親、店長大神の行動はお見通しなのである。

ガイドブックによると、台湾の有名なお土産は「パイナップルケーキ」だそうだ。それをリーダーに話すと 「あんなもん美味くも何ともない」 と言う。お土産屋さんで試食をしてみたが、確かに大したはことない(笑) ・・で、結局、台湾の林百貨という由緒ある!?老舗デパートでたくさんの駄菓子が入った大きな箱2個を買った。

餞別の金額からいうと、それだけでは全く足りない。添乗員さんに相談すると、美味しいパイナップルケーキと評判の“サニーヒルズ”の売り場が空港にあるという。帰国直前、売り場を見つけた。そこにはたくさんの人が並んでいる。ここは試食をさせてくれないし、台湾ドルしか使えない。店長大神の台湾ドルの持ち金で買えたのが2本。やはり足りないなあ、母ちゃん怒るだろうなあ~と思いながら、そのまま帰国した。

帰ってすぐに「お土産あんまり買えんかった!」と明るく言ったが、滅多に怒る事がない大神母の顔が見る見るうちに仏頂面に・・・。こわ~! 
そのサニーヒルズのパイナップルケーキが思いの他、美味かったらしく、近所の人が来る度に1個ずつ食べさせて、「も~頼んどったのに兄ちゃんが2本しか買ってこなかったんで1個でごめんね」 と愚痴っていたらしい。ちなみにお土産屋の商品は中にパイナップル味のジャムが入っているだけであるが、サニーヒルズのはパイナップルの果肉が入っていた。

旅行から帰って1ヵ月経った頃、美紀と電話で 「いや~俺が悪いんやけど、あの時はお土産でさんざん怒られた」 と報告すると、「昨日おばあちゃんと電話で話したけど、またお父さんのお土産の話を聞かされたよ~♪」 あ~今度台湾行った時は“サニーヒルズのパイナップルケーキ”を山のように買ってきますのでお許しを!・・・(笑)