ある日のビガッド | 福岡のオーダースーツと靴の専門店/Biggod-ビガッド-

ある日のビガッド

HOME>ある日のビガッド >

487 クレリックシャツ

2022.03.04

40年前、店長大神は父の取引先の紹介で、東京の虎ノ門、日本橋、渋谷に店を構えるロードメイヤーに修行に行くことが決まった。
大学4年生の秋だったか、父と挨拶をする為に上京した。本部のある虎ノ門店に行くと最初に挨拶したのがそこの店長さん。首からメージャーを掛け、このクレリックシャツをタイトに着ていらっしゃった。今でもその姿は鮮明に目に浮かぶ。東京弁!?でまくし立てられ、今考えてみるとこの方は30代の若者だったが、その時はなんと気障なおじさんだなあと思った・・すんません、お世話になりましたー!!(笑)

ところでクレリックシャツを調べてみると、「クレリック」とは英語で牧師・聖職者のことで、その服装が黒の上着から白襟が立っていることから、衿が白く、身頃(みごろ)の部分と色違いになっているシャツをクレリックシャツと呼ぶようになった。・・との事であるが、もっと調べてみると何と”クレリックシャツ“は和製英語。・・ということは、日本で勝手に作った名詞!? 欧米ではホワイト・カラード・シャツと呼ばれている。

店長大神思うに、クレリックシャツは最初、傷みやすい衿やカフスを取り替えて、それが流行したのではないかと想像する。英国人は、服でも靴でも修繕しながら長く大事に使う文化である。ハリスツイードのジャケットは親子3代引き継いで使うとも言われるが、肘が擦り切れればエルボーパッチをつける。それと同じ感覚ではないかと思う。

ところで店長大神は仕事柄50枚ほどのワイシャツを持っている。その中で、首周りが擦れたもの、首周りがきつくなってきたもの、衿の形が気に入らないものなど10枚ほど処分しようと思っていた。今回、シャツの見頃は殆ど傷んでなかったので、ちょっと待てよ~と思い直し、すべて衿をワイドカラーのクレリックにした。衿を替えると新品同様になった。工賃¥2000で出来るので、コスパがいい! 

店長大神おススメである。よかったら、衿だけクレリックに作り替えませんか?←これが言いたくて・・(笑)

486 ネギ餅

2022.03.04

大神母が友達から“ネギ餅”(大神家で勝手に名付けた)を習ってきた。白ネギを斜めに輪切りし、餅も細くスライスし、上からピザなどに使うチーズを振り掛けて、サラダ油をひいてフライパンで焼くというもの。餅が焼け、チーズがとろけてきたら、醤油を垂らして出来上がり。もともとチーズの塩味があるので醤油はほんの少しでいい。

この話だけで美味しそうだと想像出来る方は素晴らしい~♪ 大神母は半信半疑であったが、屑くずの鏡餅があったのと、ビガッド菜園に白ネギがあったので試してみたのだ。作ってみると、これが美味!店長大神も親孝行のつもりで食べてみたらビックリの美味しさだった(笑) 

大神母は他の友達が遊びにくる度に“ネギ餅”を教えてみるが、やはり・・みんな半信半疑。大神母も心得たもので、「食べんと、わからんわからん」・・と実際に作って食べさせて 「ねっ!美味しかろうが」 ・・と勝ち誇ったように喜んでいる。

近頃はさらに進化して、さらにコーンを振り掛けたり、めんつゆを掛けたりしている。まだ餅が残っていたら、騙されたと思ってお試しあれ! ほんと「このうまさは食べんと、わからんわからん~♪」・・である。

485 第4回ビガッドもちつき大会

2022.03.04

昨年12月30日 4回目の“ビガッド餅つき大会”を開催した。今回は11月に理絵と結婚した・・いや、してくれたムコ殿が東京から初参加。餅のつき手が一人増えたので、店長大神は張り切って前回の七臼から九臼と二臼増やした(笑)

餅つきの用意は前夜から始まる。9つの容器に餅米2升ずつ水に浸け、杵も割れたり欠けたりしない様に水に一晩浸ける。
さて当日の朝、9時頃にはみんな集まってくるので、散歩から帰った店長大神は7時くらいから用意を始めた。臼を中心に据え、湯沸しのガスコンロ、餅を丸めるテーブルと位置を決めていく。前回、大神母一人に餅ちぎりをしてもらったら、次の日手が挙がらなくなった。それで今年はアマゾンで餅切り機も購入した~♪ 

餅米を蒸し始める頃にみんな勢揃い! 一臼めは店長大神と三女綾のムコ殿のコンビで餅をついて、長女美紀のムコ殿が合いの手を入れて仕切っていく。調子が出てきた二臼目から東京の新人ムコ殿の登場! 最初は気合が空回りしてぎこちなかったが、サッカーやっていたというだけあって足腰しっかり餅をついていた。途中、孫のトモ、アツもペッタンやってくれた。もちろん今回も白餅だけでなく、黒砂糖を入れたカキ餅やヨモギ餅もつくのだ。


この餅つきで楽しみなのがバーベキューである。餅がつき上がり、餅をもみ手の女性陣に渡す。つき手は次が蒸し上がるまで、バーベキューでビールを飲みながら、盛り上がるのである。
焼き係は火起こし名人綾のムコ殿である。彼がバーベキューコンロの事はすべて支配する(笑) 今回も前日、船越のカキ小屋“豊漁丸”さんから5キロのカキを買ってきた。今年も実が大きくて美味い。東京のムコ殿は焼いたカキをうまいうまいと喜んで食べてくれた。
他に海産物をと思いダイレックスでタラバガニを仕入れてみたが、焼きあがっていい匂いがするものの、こちらは塩辛くってみんなの評判が悪い。美紀が安いのを買うからよと言うが、もともとタラバ自体が高価なのでコスパ最悪!「これでも結構な値段したんだぞ~(涙) 

カキの後は牛肉、ホルモン、豚足そして冷凍ピザも焼いた。もちろん盛り上がったが、店長大神が一番盛り上がったのはABCクッキングで働く綾が作ったスペイン料理「アヒージョ」 オリーブオイルに細かく刻んだニンニクを入れ、エビとかマッシュルームを煮込んで食べるのである。そしてそれらの食材の味がしみ出たオイルに炭でこんがり焼いたフランスパンを浸けて食べる。も~たまらんごと旨かった。みんなが食べて、あっという間に無くなった。コスパも最高・・大満足である!

九臼もついたので、つき終わる頃には辺りが暗くなった。寒くなってくるし、そうなると勝手に二臼も増やした店長大神に娘達からブーブーと批判が集まってくる。横でムコ殿達は笑っている。店長大神はその場をすたこらさっさ・・片づけをみんなに任せて、ご近所にヨモギ餅を配ってまわった!(笑)

日頃、店長大神の自宅では毎朝ニワトリが騒ぐし、自宅隣のビガッド菜園では早朝から耕運機や草刈機の騒音を撒き散らかす。さらに季節によっては、庭木の落ち葉は近所のあちこちに飛んでいく。近所の皆さんに迷惑の掛けっぱなしなのである。だから年末には 「今年もお騒がせしましたが、来年も宜しくお願いします~♪」・・とお詫びの“ヨモギ餅配り”である。

484 店長大神62才

2022.01.17

昨年、店長大神のうれしい出来事は、運転暦44年で初めてゴールド免許証を取得した事である。いつも3年に1度くらいの割合で駐車違反や一旦停止、シートベルトなど軽微な違反でずっとブルーの免許証であった。今回の更新は200m先の警察署に行って30分の講習。
朝早く駐車場の心配をしながら運転免許試験場まで行って、半日掛かっていたのがウソみたいである。

悪い出来事は、昨年になっていよいよ本格的に頭髪が前方から崩壊し始めた事。ちょっと前までは髪が薄くなってきたと嘆いても、「何を言いよると、まだまだ大丈夫」と言ってくれていたのに・・今では、「ホント! だいぶいったねー」と同情される始末・・(涙) 

次女理絵の結納に備えて、障子の張り替え

483 髪

2021.09.14

先日、三女綾が鹿児島から遊びに帰ってきた。ここ何年か、会うたびに 「お父さん、髪がやばくない?」 と言われていたが、今回何も言わない。おかしいなと思って、俺髪やばかろ?と聞くと、

「思ったけど、かわいそうで言えんかった」 と・・・(涙)

482 スリーピース

2021.09.14

ここ5年くらい前から、若者が 「ベストは“かわいい“」 と成人式や結婚披露宴出席などドレスアップの勝負服にスリーピースの注文をもらう。この“かわいい”という意味不明な表現は別として、ベスト付はかなり流行っている。

店長大神が東京で修行していた1980年代前半、冬物はスリーピースと決めているおじさんがかなりいたものである。修行から帰った1980年後半になって、イタリアのファッションデザイナーのアルマーニが出した肩幅がドカ~ンと大きいソフトスーツが世の中を席巻し、その頃の若者は殆ど着なくなった。

代わりにソフトスーツのダブルスーツである。もちろんその頃でも出始めは 「ダブルは偉そうで一般のビジネスには向かない」 と言われていた。ところがである。バブルが最盛期を迎えた頃になると若者もオジサンもみんなダブル!(笑) 一時は注文を受けるスーツの半分はダブルだった。

バブルが弾けてからは、徐々に英国スタイルやイタリアンクラシックなど伝統的スーツに帰っていった。だから当時若者だった50代の方のスリーピースは意外と少ないのではないかと思う。こんなこと書くと「俺は着ていた!」という方がいるが、一般論です。一般論!(笑) 

しかしここにきて、スリーピースを新鮮に感じてこの世代も息子世代と一緒に着始めたのである。

481 ムコ殿、孫2人とアジ釣りへ

2021.09.14

店長大神はアジ釣りの事前調査に2回も行ったが、アジは1匹も釣れず、前原じいさんの沽券は捨てた(笑) ムコ殿には 「案内はするけど、俺に何も聞くな」 と・・ でも波止は朝早く行かないといけないとだけ伝えた。

当日朝、孫達は5時前に起きてきた。彼らの人生の中で、早起きの記録更新である。
ムコ殿は加布里の中原釣具の店員さんに相談して“船越”に決めた。波止は釣り客でいっぱいだったが、波止の突端に入れてもらい釣り始めた。

今回も海面はヒイラギだらけ、ムコ殿がエサ取りの下にアジはいるという。なるほど、店長大神は今まで、このエサ取りの集団を全力で相手をしていたのだ(笑) そうかそうか、店長大神は孫の世話そっちのけで、エサ取りの下へサビキを落として釣りに励んだ。

ムコ殿は孫の世話をしつつ、アジを釣ったり、ルアー釣りにも挑戦していた。孫達は彼らが“真っ黒黒スケ”と呼ぶメジナの子と思しき魚を釣っていた。店長大神の釣果というと・・・結局ヒイラギばかり(笑) どうも釣りの才能がないみたい。次回から大人しく孫の世話に徹することにしよう! 

その夜はムコ殿が釣ったエソという魚で、美紀がさつま揚げを作ったのが最高に美味かった。後はムコ殿のアジ2匹と孫達と店長大神が釣ったたくさんの小魚のフライがメイン・・・何はともあれ、みんなで楽しく美味しく頂いた。めでたし、めでたし~♪ 

480 アジ釣り現地調査②

2021.09.14

このままでは終れないので、孫達が来る3日前にもう1度アジ釣りに行く事にした。今度は、友人が 「先週よかアジが釣れた」と言う“西ノ浦“。少し遠いので4時起きである。ここまでくると意地?(笑) 東の方なので、中原釣具の女原店に行った。加布里で初心者にあれだけ親切だったので、そのつもりで行ったら、あれ~?だった。

気を取り直して西ノ浦漁港へ・・。早めに出たので5時過ぎには着いた。平日で人もまばらで、張り切って釣り始めた。今回は友人から聞いたオキアミにパン粉を混ぜる事や2本の針に小さなエビを付けるという裏技?もやってみた。しかーしここでもアジは来ず、ヒイラギでもない別の魚が釣れた。

7時になると、周りの釣り人は早々と帰って店長大神一人になった。何かおかしい? 不明の魚15匹、キューセン4匹、メジナ3匹、カワハギ1匹・・。結局、アジは釣れなかった。

家に帰って、釣りによく行っている知り合いに写メを送ると、「スズメダイ」と返信がきた。博多では“あぶってかも”といって、火で炙ってワイルドに食べれるが、普通これも釣りの外道、エサ取りとして釣り人に嫌われる魚らしい(涙) 

小さい魚だったのでフライにしてもらうと骨まで食べれて・・・美味かった!美味かった!美味かった!(笑)